• autorautor

長編 エロ 小説

細部
作成した 04.10.2021
著者: Masanori
ビュー: 217

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

少女は陣痛に身体いっぱいで苦悶するのだが、立ち合う方にとっては日常茶飯事の光景 だ。. 食事が喉を通らないためとうに朝食を取る習慣はなくなり、マグカップのドリップ珈琲一杯の 香りを嗅ぎ、ちびちびとすすりながら、ぼんやりと脳に血が通うのを待っている。. サイト情報 小説情報 志願奴隷 長編調教小説 奴隷 志願奴隷 さわ.

鯨井あめ(くじらい・あめ) 一九九八年生まれ。兵庫県豊岡市出身。兵庫県在住。大学生。執筆歴十一年。二〇一五年より小説サイトに短編・長編の投稿を開始。二〇一七年に『文学フリマ短編小説賞』優秀賞を受賞。長年の夢であったプロ作家になるため、新人賞の公募に初めて応募。受賞となる。. 十二月も半ばにさしかかったというのに、生暖かい空気が重く、息苦しい。ここ数年、異常気 象が続いていた。紅葉はまだ始まったばかり、近所の学園前の銀杏並木を歩けば葉の緑とほ のかに色づいた黄のグラデーションが目に優しい。どういうことだ。季節は秋だ。長い長い秋。 いつになったら冬が来るのだろうか。ホームレスの連中には、願ってもない気候かもしれない が。. サイト情報 小説情報 奴隷秘書 長編調教小説 ロータ プレイ 奴隷 秘書 仕事 ショーツ.

第14回小説現代長編新人賞は、郵送とWEBであわせて編の応募がありました。編が第一次選考を通過、次いで編が二次選考を通過し、さらに16編が三次選考を通過し、最終候補は下記の5作品が選ばれました。 朝井まかて、伊集院静、中島京子、宮内悠介、薬丸岳の五名の選考委員が審査した結果、受賞作品を決定いたしました。. 二十倍か。それならいい。いや、それでいいのか。何かおかしいような気がする。償ったのは 誰だ。殺された赤ん坊だ。. 子宮口に、海草の茎を乾燥させてつくるラミナリヤ棹を数本ずつ、段階的に挿入し、ゆるませ ていく。.

….

子宮口に、海草の茎を乾燥させてつくるラミナリヤ棹を数本ずつ、段階的に挿入し、ゆるませ ていく。.

メール調教をメインとして、調教を行っています。過去に行った調教や依頼のあった内容で文章を書いたりしています。

鯨井あめ(くじらい・あめ) 一九九八年生まれ。兵庫県豊岡市出身。兵庫県在住。大学生。執筆歴十一年。二〇一五年より小説サイトに短編・長編の投稿を開始。二〇一七年に『文学フリマ短編小説賞』優秀賞を受賞。長年の夢であったプロ作家になるため、新人賞の公募に初めて応募。受賞となる。. 梨花の膣内を脱脂綿で消毒し、血と汗で汚れた身体を拭いてやり、産褥用ナプキンをあて、 分娩台からベッドに少女を移してやる。胎児を産み落としたあとの身体は、信じられないほど 骨ばって、軽かった。. 僕は、他の部屋を見て回ることにした。 一つ隣りのドアには、赤いシールがはられていなかった。男性だったが、入ってみることにした。 僕は、このドアも空けた後で後悔してしまった。そこには、男性が一人だけ大の字に縛られているはずだった...。 シールもはられていないから、変な事はしていないだろうし、やろうともしていないだろうと思っていた。 六道輪廻サバイバル リボーン おしりが目に入った、最初何をしているのか解らなかった。 音が聞こえてきた。 (ずぅぼぼぼんっく) なんの音だろう。おしりは、すぐに女性の物だと解った、そして、女性が….

サイト情報 小説情報 玩具奴隷 長編調教小説 おしっこ ノーパン オナニー 奴隷 露出 学生. ひな は、学校に行きながら、社長秘書の修行をする道を選んだ。それが、どんな運命が来ても受け入れるつもりでいた。しかし、思っていた娘とよりも、自分がその修行を受け入れていることに驚いていた。 ひな は、学校に行く前に会社に寄る。社長は、必ず7時には会社に来ている。その前に行かなくてはと思ったのだが、社長や社員の方からそれは、無理だからいいよと言われている。最初意味が解らないかった。それが解ったのは、1週間位たった時だった。 ひな は、その日は、夜に予定が無いことや、社長から 「ひなさん。今日は、お願いしたい事….

幼い翠は息を呑んで見る。母は幼児に構わず、昂ぶってくると「ああ、いく、いくぅ」と嬌声をあ げる。翠はやがて見飽きて眠り込む。.

……       .

司馬遼太郎の不朽の名作!おすすめ長編小説『坂の上の雲』

翠は弾みをつけてベッドから起き上がり、大切なブローニングをサイドテーブルの引き出しに 片付け、キッチンへ行って免疫抑制剤をミネラルウォーターで服用した。まろやかな冷たい液 体が喉を通り抜ける。水道水はとうの昔に飲用禁止になっていた。. 幼い翠は息を呑んで見る。母は幼児に構わず、昂ぶってくると「ああ、いく、いくぅ」と嬌声をあ げる。翠はやがて見飽きて眠り込む。. その母親を、泰然と落ち着いた物腰で迎えた大雅だったが、内心では娘が陣痛で苦しんでい るときに化粧を念入りにして来る女の神経に舌を巻く思いだった。. 昨日の夜。興奮してなかなか眠れなかった。 かつみ君と相思相愛だって事が解った事もあるが、そのかつみ君に私の恥ずかしい所を見られただけじゃなくて、舐められたり触られたりした。それだけでなく、私もかかつみ君の物を咥えて気持ちよくする事ができた。そうして、かつみ君から出た物を全部受け止める事が出来た。凄く凄く嬉しかった。私の恥ずかしい行為を知っても、受け止めてくれた。図書館での秘め事が一人の秘め事で無くなった。そして、一番恥ずかしかったのは、かつみ君が私の一日履いていた汚れてしまっているパンツを持ち帰った。帰る….

小説の愉楽を追求するノベルマガジン

サイト情報 小説情報 玩具奴隷 みはん 処女 露出 刀剣乱舞 絵師 キナコ 学生. 局部を消毒用ガーゼで無造作に拭われたとき、アルコールの蒸発による痺れるような冷えに 怯え、十二歳の翠は失神したのだった。. それはしかし、考えても仕方がないことだった。赤子の死は仮定ではなく、もはや一ヶ月以上 前に確定した厳然とした事実であり、過ぎてしまった過去なのだ。.

プライドの恐ろしく高そうな、精密な陶器か彫刻のように整った顔をした十二歳の翠が、大雅 の意表をついて年相応のあどけなさを曝け出し、なりふり構わず「いやや。助けて。助けて」と 三十歳の大雅にむしゃぶりついてきたとき、大雅の柔らかい心は揺れ動いた。見捨てることが 出来ずに、翠を拾った。そうして、皮肉なことに、彼の心のもっとも柔らかい部分を刺激する翠 のために、大雅は心の敏感な箇所を少しずつ抹殺していくことを余儀なくされ、非情な鬼を目 指さずを得なかったのだ。.

  • ひな は、学校に行きながら、社長秘書の修行をする道を選んだ。それが、どんな運命が来ても受け入れるつもりでいた。しかし、思っていた娘とよりも、自分がその修行を受け入れていることに驚いていた。 ひな は、学校に行く前に会社に寄る。社長は、必ず7時には会社に来ている。その前に行かなくてはと思ったのだが、社長や社員の方からそれは、無理だからいいよと言われている。最初意味が解らないかった。それが解ったのは、1週間位たった時だった。 ひな は、その日は、夜に予定が無いことや、社長から 「ひなさん。今日は、お願いしたい事….
  • 自分で小説を書くなら、反逆的な主題で、狂った主人公の脳みその言語中枢をさらけ出したようなものを書きたいな、と思っていました。ひとりの狂人を通して、風刺的な作品にしたいとも思いました。主人公の人間としての資質、とくに出来損ないの部分、虚栄や欺瞞といったものを書きたいと思いました。二〇一九年の七月、一ヵ月を小説に充ててみようと書きはじめました。何かを書きたいと思ったのなら、書いてみるべきだと思いました。  小説を書いた経験がないので、長編の分量というのが全然わかっていませんでした。しかも一ヵ月で書き上げようなどという目論見が、正気の沙汰ではないことにすら気がつきませんでした。なぜ書けると思ったのか、振り返ってみても、正直よくわからないです。無知からくる自信かもしれません。  半ばまで書いたとき、これでもし受賞したらと想像しました。何とも輝かしい栄光の未来が見えるようでしたが、すぐに幻影を打ち消しました。書くことは楽しく、応募締切に間に合わせるためにも、ぶっ通しで書きました。あとになって、よくこんな代物を送りつけられたものだと自分に呆れました。自分の書いたものを読むことになる人が、気の毒にさえ思いました。それが最終選考に残ったと知ったとき、まったく予期していなかったこともあって、他人事のような印象でした。まるで実感がありませんでした。  奨励賞受賞の連絡を頂いたときも、しばらくは、やはり実感がありませんでした。書店で過去の受賞作を手にとったり、関連記事を読んだりしているうちに、受賞したという実感がようやく出てきました。自室の本棚にあった、ある全集の背表紙の〝講談社〟という文字が目に入ったとき、改めて受賞の栄誉に気がつきました。  受賞となれば幸福の極致だとばかり考えていましたが、今は、この結果は実力でも何でもなく、ただの奇跡だったのかもしれない、その真偽のほどが、これからの自分の人生で試されるような心持で、受賞の喜びと同じぐらいの大きさの、緊張感に包まれています。ただそれは決して不快なものではなく、見知らぬ土地へ初めて行くときのような、そんな感覚です。  結びに、編集部そして選考委員の先輩方の皆様に、すべての感謝を捧げたいと思います。賞を授けて頂けるなど、恐縮の限りで、この名誉に報いられるよう精進して参ります。どうぞよろしくお願いします。本当にありがとうございました。.
  • 翠は同情を覚えて、梨花を見た。彼女は再び頭の位置をもとにもどし、何事もなかったかの ように冷たい目で天井を凝視している。その漆黒の瞳に、憤怒のかぎろいが一瞬よぎったよう に見えた。しかし梨花の顔はどこまでも無表情に冷たく、何の感情も表してはいなかった。翠は 彼女の視線を追って天井をちらりと見る。無地の清潔なクリーム色のクロスで内装された天井 である。照明灯の影の濃淡以外のものは何も見えないが、彼女はそこに何かを見出している のだろうか。自分なら真紅の鮮血、消えた胎児の幻影をそこに見るかもしれない、と翠は思う。 それとも過ぎ去った痛みの、昏い紅色の閃光の軌跡を。.
  • 大雅は梨花の枕の横に、気分が悪くなったらすぐに呼べるよう、ナースコールのボタンをそっ と置いた。.

. Web Web JOSEISHI.

宮本輝のライフワークともいえる自伝的長編小説『流転の海』

インフォメーション インフォメーション ドラマ・映画・アニメ化作品 新人賞のご案内 イベント・プレゼントのお知らせ メールマガジンのご案内 新刊お知らせメールのご案内 メールマガジン設定. 書籍シリーズ 書籍シリーズ 講談社文庫 講談社タイガ 講談社ノベルス 講談社BOX 講談社X文庫ホワイトハート 講談社ラノベ文庫. 二十倍か。それならいい。いや、それでいいのか。何かおかしいような気がする。償ったのは 誰だ。殺された赤ん坊だ。.



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -長編 エロ 小説

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0